次世代型タバコには加熱式と電子式があります!

以前の日本では成人男性はタバコを吸うことが多かったのですが、近年では公共施設などでの禁煙が広がったことにより、喫煙者の割合は大きく減少しているようです。そんな中で新しいタバコとして、次世代型のタバコが注目を集めています。次世代型のタバコには加熱式タバコと電子タバコの二種類があり、フィリップモリス社が発売するアイコスや、RJR社が発売するグローや、JTが発売するプルームテックは加熱式タバコに該当することになります。高温でタバコの葉を加熱して、発生した水蒸気を吸って楽しむのが加熱式タバコです。一方の電子タバコはタバコの葉は使用せず、タバコフレーバーのリキッドと呼ばれる液体を加熱して水蒸気を発生させるという違いがあります。

電子タバコのメリットは安全性が高いことです!

加熱式タバコも電子タバコも一見すると同じもののように見えますが、加熱式タバコはタバコの葉を使用するのに対して、電子タバコはタバコの葉は使用しないという違いがあります。加熱式タバコにはタバコ本来の味が楽しめるという強みがありますが、一方でニコチンによる健康への影響が懸念されています。電子タバコはリキッドの味や香りのフレーバーを楽しむものであり、原理上はアロマ等に近いものになります。日本国内では薬事法によりニコチン入りのリキッドの販売は禁止されているため、一般に流通している電子タバコにはニコチンは含まれていません。ニコチン不使用により安全性が高いことが、電子タバコの大きなメリットなのです。

vapeとは、電子タバコの一つで、グリセリンの蒸気を香料の入ったカプセルを通して、体内に摂取することができます。