電子タバコが普及していますが

喫煙所などを見ても電子タバコを吸っている人が増えており、電子タバコは完全に市民権を得た形になっています。しかし、従来の煙草と電子タバコの違いについてしっかり理解しているという人は少ないのではないでしょうか。非喫煙者の人にもわかりやすいように電子タバコと煙草の違いを解説していきます。

紙巻き煙草について知ろう

煙草についての基本知識ですが、いわゆる紙巻き煙草は葉たばこを刻んで乾燥させたものを紙で巻き火を付けフィルターを通して吸うというものです。火を付けて吸いますので、当然煙が出ます。この煙に様々な有害物質が含まれているため、吸わない人にとっては不快に感じる人が少なくありません。

電子タバコについて知ろう

電子タバコは様々なメーカーから販売されていますが、大きく分けてタバコ葉を使用したものとリキッドタイプがあります。タバコ葉タイプは、タバコ葉の部分を燃やさずに加熱して吸うものです。リキッドタイプは液体を加熱・霧化しタバコ葉を通過させることで吸うタイプです。いずれにしても従来の煙草よりも吸った時のニオイなどが少なくなっており、服などにニオイがつきにくくなっているのが特徴です。

電子タバコならOKなところも

従来の煙草よりもニオイなどが出にくい電子タバコですが、ニオイなどによって周囲の人に影響が出にくいため禁煙のお店であっても電子タバコであれば喫煙OKというお店も出てきています。もちろん、電子タバコであっても従来の煙草と同じようにルールを守って喫煙する必要がありますが、人に迷惑をかけにくくなっているのは事実です。

一時は人気で価格が高騰していた電子タバコ。利用者も増えているようですね。電子タバコ用のリキッドには、ニコチンリキッドというニコチンの成分が入っているものと入っていないものがあります。

ニコチン入りリキッドとは
ニコリキはこちらから